メニュー

就職サポート

とにかく「デザイン業界の就職」に強い学校です。

若い時は、期待と不安が渦巻き、夢の実現にどう立ち向かおうかと悩むものです。
ご両親でさえも、ご指導に大変苦労されているものと思います。
本校では、様々なデザイン現場で即戦力としての技術や知識修得のみならず、社会人としての常識、マナー、心構えなどを兼ね備えた優秀な人材育成を目指しております。特に、就職部では学生の社会人力向上の為の各種セミナー、プロデザイナーや企業人事担当者による業界勉強会、本校のOB・OGデザイナーによる就職勉強会などを開催。その他、必要に応じてカウンセリングや定期的な個人面談、グループ面談、模擬面接なども実施。卒業までに学生全員の夢が叶うよう、親身な指導を心がけています。

個人面談

Support 01

個人面談

個人カウンセリングで、学生一人ひとりの夢や希望を聞きます。

業界経験を持つ就職担当者が、学生の目標や夢などを聞くことから始め、時々の迷いや変化、学びの状況などについて面談し、適切な指導を実施します。また、企業情報の収集方法や問い合わせ方法、選考試験にあわせた準備など、細部についてこれまでの経験を基に個々に指導します。

ビジネスマナー

Support 02

ビジネスマナー

専門講師により社会人としての「マナー」を身に付けます。

新入社員は、色々な仕事を任せられますが、特に取引先に好印象を持たれる事が会社にとって一番喜ばしい事。先ずは電話の応対、接客応対、得意先訪問などをマナー良くこなす事が高い評価につながります。意外にも一流のデザイナーほど、一流のビジネスマンでもあるんです。本校では、専門の講師が社会人としてのマナーを、教材を使い徹底指導します。

就職セミナー

Support 03

就職セミナー

専門分野の講師や卒業生を招き、就職活動に対する心構えを。

就職事情に詳しい専門家や、卒業生を招いて、最近の就活事情や先輩の就職活動の体験談を聞くことができます。 就職活動の進め方や、押さえておきたいポイント等についてさらに詳しく担当者から説明を受けます。

企業説明会

Support 04

企業説明会

希望する企業や業界の情報を収集することを目的とします。

関連業界や異業種の就職情報や動向、そしてライバルの動きを肌で感じる場でもあります。リクルートスーツ着用が基本です。多くの企業の窓口を訪れ、自己紹介をし、詳しい企業紹介を聞くことが出来ますが、自分の知識や技術を売り込むチャンスでもあります。また、学内に企業の人事担当者に来ていただき「学内・企業説明会」を開催、会社概要や求人情報の紹介など、企業が求める人材について直接紹介していただきます。

ロールプレイング

Support 05

ロールプレイング

実際に作品集や履歴書を用意し、模擬面談を行います。

志望動機や自分の長所・短所、面接官に聞かれそうな質問を想定して、自分らしい受け答えができるかをロールプレイング形式で体験します。落ち着いた気持ちで、面接の場でアピールができるよう指導します。

インターンシップ

Support 06

インターンシップ

プロの現場へ短期職場体験し、就職活動に生かします。

希望する職種の企業に一週間程度出向し、現場を実体験します。現在の自分の実力、能力、そして、新たな目標を知ることができます。以後の課題の取り組み方や、社会人としての自覚もいっそう養われす。インターンシップは企業にも学生にもメリットが多く、企業側は研修態度から学生の実力、能力、協調性、将来性などを知る事が出来ます。また、学生は企業の将来性、仕事内容、職場環境、相性などを事前に知る事ができ、卒業後は安心して勤務する事が出来ます。

internshipインターンシップが、業界内定を引き寄せる。

学生時代に職業経験をするインターンシップ。学生にとっては自分の実力、実社会の厳しさ、マナー、企業との相性・将来性などを知ることができ、学生生活のこれまでとこれからを考える機会です。また、受入企業にとっては早期人材発掘のメリットとして、また、採用試験では学生の資質を知る手段として活用されています。本校では、早期のインターンシップ体験を推奨し、就職活動に生かしています。

勝野 佑香/福岡魁誠高校出身

取組み方や働くイメージ、収穫がたくさんありました。

勝野 佑香/福岡魁誠高校出身

プロのデザインの仕事とは何をするのか?自分の力はどこまで通用するのか?知りたいことが沢山ありました。インターンシップでは、仕事のサポートをしたり、与えられた課題を4日間で仕上げたりしました。
自分の作品をプロのデザイナーに見ていただき、良い点・悪い点を明確に指摘され、今後の作品づくりへの取り組みが変わるような収穫がありました。プロの考え方や豊富な知識を知り、自分の足りない点を感じたと同時に、将来働くというイメージが掴めたような気がして、今後の学習にも力が入りそうです。

安部 浩一朗/デザイン・サン・アイ/専務取締役

実践の中で見違えるように成長する姿が楽しみです。

安部 浩一朗/デザイン・サン・アイ/専務取締役

デザインの考え方はデザイン事務所によりさまざまです。さらに、ディレクターによりクリエイティブの方法論もいろいろ。だからインターンは違う価値観に触れ、思わぬところを褒められたり、刺激的な期間です。「本当にデザインが好きなんだろうか?」と覚悟を決めるときだと思います。弊社では、実践さながらの中で対応力やコミュニケーション力を見ています。もちろんデザイン力も大事ですが、人々に情報を伝えるものを作る私たちは、いろいろなことを考え、調べ、表現しなければなりません。毎回、一気に成長する学生を見るのを楽しみにしています。

MENU就職・進路