メニュー

オープンキャンパス

未経験からでも成長できる、FDSのデザイン教育メソッド。

デザイナーに興味があるけど、絵は得意じゃないというヒトでも大丈夫。
FDSのデザイン教育は、1年次に造形の基礎をしっかり時間をかけて学んでいく独自のプログラムだから、
上級生になってから、プロになってからの実力の伸びが違います。
プロを目指す人がちゃんと選ぶ学校です。

特別プログラムSpecial Program

アニメーションディレクター宇佐美毅(つよし)さんの

自分のアニメーションをつくってみよう

アニメーターであり映像作家、イラストレーターと多彩な才能を発揮する宇佐美先生に、今回はアニメーション制作の面白さをPCを実際に操作しながら教わります。

宇佐美毅

PROFILE

宇佐美毅(うさみたけし)1982生。
福岡市。九州芸術工科大学卒、芸術工学博士、アニメーション作家、イラストレーター、主な仕事:福岡市科学館体験ゾーン、福岡市役所プロジェクションマッピング、平井堅ミュージックビデオ「切手のないおくりもの MUSIC VIDEO(KOOKIとの共同製作)」他

空間デザイナー植村明広さんの

オシャレなCaféを設計してみよう

福岡デザイン専門学校で空間デザインを教えて数々の学生コンペ受賞に導いている植村先生に、空間設計、店舗デザインの面白さを教わります。


宇佐美毅

PROFILE

植村明広(うえむらあきひろ)1973年生。
福岡市。九州産業大学大学院卒(修士課程建築専攻)。 福岡デザイン専門学校教務部主任。大阪芸術大学非常勤講師。商業施設士、インテリアデザイナー。主にカフェなどの飲食店やブティックなどの物販店のデザイン・設計を手掛ける。中国での店舗設計や台湾での講演会の実績もある。

聞いてみよう

入学するためには、デッサン力は必要ですか?

未経験からでも成長できるよう、 FDSは、基礎からしっかり教えます。FDSのデザイン教育は、1年次に造形の基礎をしっかり時間をかけて学んでいきます。 だから、上級生になってから、プロになってからの実力の伸び具合が違います。
本校で学べるデザインは、大きく分けて”視覚情報デザイン(グラフィックなど)”と”立体空間デザイン(ディスプレイや建築など)”があります。どちらが向いているか、まだ決めていない人は、オープンキャンパスで先生に尋ねてみましょう。的確なアドバイスをしてくれますよ。

どんな先生から教わりますか?

講師は、トップレベルのクリエーターが勢揃い。 だから、本当のプロの実力が身につきます。 プロの指導による課題をこなしていくことで、卒業時に必要な力を身につけ、ポートフォリオ(自己作品集)をつくっていきます。また、先生との親密なコミュニケーションと手ほどきもFDSならではの特長。プロデザイナーに必要なスキルと心構えが、キャンパスライフのなかで身につきます。

どのくらいの卒業生が、デザイナーになれるんですか?

業界就職率はなんと98%、卒業生のほとんどがプロフェッショナルとして活躍しています。つまり、本校の就職率は限りなくデザイン業界への就職を意味しています。

大阪芸術大学への併修ができて大学卒業学位「学士」が取れるって、本当ですか?

はい。本校は、九州のデザイン専門学校では唯一、大阪芸術大学(通信教育)との併修制度を持っています。しかも、大阪芸術大学卒業(「デザイン学科」もしくは「建築学科」)に必要な単位124単位のうち、本校で学ぶ単位(最大60単位)が、大阪芸術大学で学ぶ単位として認められています。しかも、最大60万円までの学費支援制度(2年〜4年までの3年間)が用意されている、人気の制度です。

参加特典オープンキャンパス参加特典

★遠方からでも旅費支援 参加者全員が対象

当日の旅費の一部を支援する制度です。
前日までにご予約ください。 (本人・2回・当日支給)

福岡市内:500円 / 福岡県内:800円 / 佐賀県内:1,000円 /
長崎県内:2,000円 / 熊本県内:2,000円 / 大分県内:2,500円 /
鹿児島県内:4,000円 / 宮崎県内:4,000円 /
山口県内:2,000円 / 沖縄県内:5,000円 / 上記以外:5,000円 /
※離島はプラス1,000円

★入学選考料一部免除制度

本校来校者で、進学相談等を受けた方全員に入学選考料20,000円より5,000円を減額いたします。

★1泊2日無料入寮体験

ひとり暮らしをサポートする、快適安心な寮を1泊2日、無料で体験できます。事前のご予約で、オープンキャンパス参加時に宿泊することもできます。

CALENDAR

オープンキャンパス開催日以外も見学可能です。
フリーダイヤルでお問合せください。

Call:0120-888-729

体験入学体験コースで選ぶ

※募集人員によって、他のコースの受講をお願いすることがあります。

デッサン体験教室

初級では鉛筆、その他の画材の使い方から学び、モチーフの形状を理解しながら描画します。中級では質感の異なる二種類のモチーフを組み合わせてデッサンします。

グラフィックソフトを使ってオリジナルステッカーを作ろう!

多くのプロが使用している「illustrator」や「Photoshop」を使って、オリジナルステッカーを作ろう!

オリジナルタンブラーを作ろう!

多くのプロが使用している「illustrator」や「Photoshop」でタンブラーの柄をデザインして、自分だけのオリジナルタンブラーを作ろう!

LINEで送れるGIFアニメーションを作ろう!

LINEなどのSNSやメールで使えるオリジナルのGIFアニメーションを作ってみよう!

インスタントカメラで写真を撮ってみよう!

フィルムカメラを体験使用。普通に撮ったり、実験をしたり。最後に出来上がった写真をポスターサイズにプリントしよう。

ブローチづくりにチャレンジ!

手書きのイラストを使用してオリジナルアクセサリーを作ろう!

フォトショップ体験

写真のレタッチや合成を体験しよう!

照明をつくろう!

紙やPPを使用して、照明を製作してみよう!

Open Campus Time scheduleタイムスケジュール

オープンキャンパス タイムスケジュール

「JAGDA学生グランプリ2017」入賞者の声

獲ったどー!

全国の専門学校で福岡デザイン専門学校がトップの賞を受賞、賞の数でも全国1位の快挙!

全国の美大・専門学校がデザイン力を競う【JAGDA学生グランプリ2017】において、入賞・入選作品の発表がありました。 応募総数1,178作品(累計1,614枚)の中から厳正な審査の結果、本校学生が優秀賞他、入選、次点と多数の賞を受賞しました。

平田賞

『優秀賞』

作品名/LIFE WATER

平田賞/高度総合デザイン科3年/佐賀・有田工業高校出身

平田賞
食のテーマを考えていた時ちょうど豊洲問題の地下汚染の話に触れました。日本は他国に比べ水が綺麗と言われていますが、私たちが口に含んている水は100%信用していいいものなのか?と考えてこの絵に辿り着きました。今回優秀賞に選んでいただけると思っていなかったのでとても驚きました。これからも精進していきたいと思います。
足利駿平

『入選』

作品名/しぼうれい

足利駿平/総合デザイン科2年/福岡・早良高校出身

足利駿平
今回、初めてJAGDA学生グランプリという大きなポスターコンペにチャレンジして、入選してとても嬉しいです!しぼうという言葉を二つの意味にかけて、あまり重い雰囲気にならないようにユーモラスで可愛い感じに仕上げました。入選する前までは、自分のデザイン力に自信がなく不安でしたが良い結果を残すことができ、今後もデザインを頑張っていこうと思いました!入選バンザイ!
田中千賀子

『入選』

作品名/first meal

田中千賀子/総合デザイン科3年/福岡・久留米高校出身

田中千賀子
この度はJAGDA学生グランプリにおきまして入選することが出来、非常に嬉しく思っております。「食」について考えた際、「人生最初の食事は母乳である。」という個人的見解に辿り着きました。鮮明には残っていないけど、確かな事実として存在している最初の食事の記憶を思い出す様に、ポスターに表現しました。昨年に引続き入選出来たので、これを励みに今後も精進していく所存でございます。
吉永あさみ

『入選』

作品名/Chewing and Tooth

吉永あさみ/総合デザイン科3年/長崎・平戸高校出身

吉永あさみ
私は、食の変化によって変わってきた人間の体をテーマにポスターを制作しました。狩りの時代から現代にかけて食べ物はどんどん柔らかくなり、咀嚼数が減少したことで歯の本数が減ってきていることから現代人への警告も込めて作りました。作品を見てくださった先生方、切磋琢磨しあった友人達のお陰で入選することができました。ありがとうございました。