メニュー

パッケージデザイン専攻

Package Design

商品を理解し
そのメッセージを伝える技術を身につける

商品を守り、運び、メッセージを伝えるパッケージデザイン。商品の顔であり、売れ行きをも左右するパッケージは流通業界においても重要な役割を担います。箱や袋のグラフィックデザインから、構造デザイン、ときには商品開発にまで。商品の持つ世界観やメッセージを最大限に広げるパッケージデザインを総合的に学習します。

主な就職先

パッケージ会社/デザイン事務所/ディスプレイ会社/ブライダル関係会社/ほか

Photo授業風景

授業風景
授業風景
授業風景

Study学びの内容

パッケージデザイン(Ⅱ.Ⅲ)

パッケージデザイン(Ⅱ.Ⅲ)

まず基本となる箱の構造を学習し、それらを用いたグラフィックデザイン、ラベルデザインや商品ラッピングなども含めた作品制作を行ないます。また、ペーパークラフトの体験などを通し、基本となる紙素材の可能性や知識を身に付けてもらいます。

パッケージデザイン(Ⅳ.Ⅴ)

パッケージデザイン(Ⅳ.Ⅴ)

企業依頼の商品パッケージや企業への提案を中心に、市場調査やプレゼンテーションなど実践的な内容での制作を行います。手作業とコンピュータを駆使し、アイデアの実現と、市場に通用する作品作りを目指します。

Teacher専攻講師

平田 すづ子/パッケージ・ディスプレイデザイナー

平田 すづ子Hirata Suzuko

パッケージ・ディスプレイデザイナー/福岡県出身/香蘭短期大学卒業/デザイン事務所「PPIC」勤務/パッケージデザイナーとして、菓子類、酒類、各種食品などのラベルや個袋、パッケージを手掛ける/主な賞歴:福岡クリスマスディスプレイコンテスト最優秀賞、福岡広告協会金賞、日本ディスプレイデザイン協会優秀賞、他

Interview学生の声

村上 光/塩田工業高校出身

クラスメイトは良き友、良きライバル。切磋琢磨して夢を叶える。

村上 光/塩田工業高校出身

入学前は、webデザイナーとして5年間働いていました。仕事を通して、企業のブランディングや広告の重要性を感じ、ディレクション能力と自信が欲しくて進学を決意。パッケージデザインは、これまでやってきた仕事と違って、立体としてカタチになっていく楽しさを感じています。良き仲間、良きライバルであるクラスメイトがいるから切磋琢磨して成長できました。明確な目標を持ち続ければ、3年後にはきっと望んだ道が拓かれていると思います。

Work学生作品

MENUコース・専攻