メニュー

高度総合デザイン科授業風景

いまデザイナーは、その職業が持っているイメージの枠を大きくハミ出して活躍の場をひろげています。
グラフィックデザイナーが商品開発に関わる。プロダクトデザイナーが商品の売り方まで提案する。
ひとりのデザイナーがプロデューサーとなり、プロジェクト全体のリーダーになることだってある。
いままでよりも幅広い知識と経験が求められるデザイナーの仕事です。

Department学科

高校卒業と同時にデザイナーを目指す学生、大学を卒業、または一度社会人を経験してさらにスキルアップをしたい学生など、学生がそれぞれの環境の中で、それぞれの夢に向かって存分に学べる学校づくりのため、福岡デザイン専門学校では就学年数・カリキュラムが異なる3つの学科を設けています。

総合デザイン科3年制

総合デザイン科(3年制)

1年次に基礎をしっかり学び、2・3年次で専門知識をしっかり身につけ、応用まで学びます。本校の学生の90%が属する学科です。卒業時、プロとしての第一歩を高いレベルからスタートできます。

取得資格

専門士/大学3年次への編入学資格

高度総合デザイン科4年制

高度総合デザイン科(4年制)

技術を深め、幅の広い教養を身につけます。少人数クラスの徹底したデザイン教育では、特任講師の授業も受講でき、大阪芸術大学(通信教育部)とのWスクールも可能です。

取得資格

高度専門士/Wスクールの場合、高度専門士と大卒資格/大学院への入学資格/公務員採用の場合、大学卒業者の「学士」と同等

基礎デザイン科1年制

基礎デザイン科(1年制)

大学生・社会人・留学生のための基礎デザイン能力を高める科。デザインの基礎理論と基礎造形実習を通して、造形力・表現力などの能力を高めます。

取得資格

総合デザイン科・高度総合デザイン科2年次への編入資格

Select system専攻セレクトシステム

福岡デザイン専門学校では、広い知識と経験を持ったスペシャリストを育成するため、1年次にそれぞれの科の基礎知識を、そして2年次に6専攻の中から自分に合った2専攻を選択する専攻セレクトシステムを導入しています。 入学時にあわてて決めることなく、1年間じっくり自分の将来像を描き、学び、経験した上で、専攻(仕事)を選択できます。

1年次

立体空間デザインコースの場合

  • 総合デザイン科
  • 高度総合デザイン科
  • 基礎デザイン科

専攻の基礎を幅広く経験する

1年次では各コースのカリキュラム全般の基礎を学びながら自分の目標を見つけます。また、基本の技術や知識だけではなく、デザインに対する姿勢も身につけます。

2年次

自分に合った2つの専攻を選ぶ

  • 総合デザイン科
  • 高度総合デザイン科

自分に合った2つの専攻を選ぶ

1年次で自分の将来の目標が決まったら、各専攻を選びます。柔軟な専攻セレクトシステムで、視野を広げて技術を探求し、理想のデザイナー像に近づきましょう。

3年次

さらに2つ選んでスキルを伸ばす

  • 総合デザイン科
  • 高度総合デザイン科

さらに2つ選んでスキルを伸ばす

2年次で選んだ専攻の知識をさらに深めたり、新たな分野での視野を広げて探求します。高度な授業で感覚やスキルを磨き、世の中へ力を発揮するときです。

4年次

大学併修なら専門学校と大学を同時卒業

  • 高度総合デザイン科

より高度なデザイン力を身につける

高いレベルのカリキュラムを通してグローバルな視点で物事をとらえることを学び、新しい価値の創造に貢献できるデザイナーを目指します。

Courseコース

FDSでは入学時に「視覚情報デザインコース」「立体空間デザインコース」、大きく分けて2つの入口から進みたい道を選んでもらいます。1年間で各コースのデザイン基礎を身につけてから、自分の個性や能力を活かし、職業としてのデザインを追求する専攻課程へと進みます。

立体空間デザインコース

立体空間デザインコース

立体空間デザインコースでは、住宅のデザインやインテリアコーディネート、家具や雑貨のデザイン、公共空間の建築から商業空間のデザインまで様々な生活シーンの人と空間、人とモノの関係を考えます。

将来の職業:建築士/ランドスケープデザイナー/インテリアコーディネーター/ショールームアドバイザー/店舗デザイナー/ディスプレイデザイナー/照明デザイナー/家具デザイナー/プロダクトデザイナー/ほか

詳しく見る

視覚情報デザインコース

視覚情報デザインコース

視覚情報デザインコースでは、コミュニケーションの中でのデザインの役割をポスターやパッケージ、webデザイン、映像、イラストレーション、エディトリアルなどの実習を通して学びます。

将来の職業:アートディレクター/グラフィックデザイナー/webデザイナー/エディトリアルデザイナー/イラストレーター/パッケージデザイナー/映像ディレクター/CGデザイナー/キャラクターデザイナー/ほか

詳しく見る

MENU教育体制